株式会社 ホリ乳業

製品紹介

80年間、自然のおいしさを追求。

ホリ乳業は、
”牛乳は自然がおいしい。ありのままの乳をありのままの姿で提供する。”を理念に、
牛乳の自家生産・自家処理・自家販売を基本とする
産直一貫システムにこだわり続けています。

ホリ乳業3つのこだわり

生乳のこだわり(ホリの牧場)

ホリ牧場は約85年前から、金沢近郊で乳牛を飼育して来ました。1982年に河北潟の干拓地に入植し、約50haの牧草地と400頭近くの乳牛を飼育しております。
有機堆肥をたっぷり使った無農薬牧草と厳選された飼料を基本にオーガニック牧場を目指すとともに、牧場HACCPの認定も視野に入れております。
ホリ牧場の基本理念は“土づくり、草づくり、牛づくり、そして牧夫の愛情”です。
先ず、人が飲んで安心な牛乳を提供するためには、乳牛が食べて安全な牧草を作らなければなりません。そのために、ホリ牧場は土づくりからこだわっています。良い土から栄養豊富な良い草ができ、その牧草を食んで健康な乳牛が育ちます。その乳牛たちが、牧夫たちのこよなき愛情で飼育され、おいしい牛乳が生産されるわけです。

牛乳・ヨーグルトのこだわり

ホリ乳業では、おいしく安全な製品を提供するため、 “自然・健康・本物の創造”という基本理念があります。なるべく自然の素材に手を加えず、身体(健康)に良い栄養分が豊富にあり、それでいて本物のおいしさが味わえる製品造りを目指しております。
牛乳では、ホリ牧場から届いた生乳を“なるべく自然のままのおいしさを皆様にお届けしたい”との思いから、牛乳成分が変化しないように最新のSHT方式※1の低温連続保持式殺菌で製品化しております。これにより加熱臭の少ない自然な風味と栄養成分の損失が最小限に抑えられた、健康に良いおいしい牛乳が出来上がります。
ヨーグルトでも、一切水を加えず、味覚を妨げる甘味料・凝固剤は控えめに、乳酸菌の力で凝固するまで長時間醗酵する方法を取っています。素材の牛乳の風味を最大限に生かし、独自のプロバイオティクス乳酸菌で、乳酸菌数を10億個/gまで増殖・醗酵させ、健康を守り、滑らかでおいしい本物の製品が出来上がっております。
ホリ乳業では、常に優れた新製品の開発に積極的に取り組み、“興味のある方、この指とまれ!”という提案型の商品を発信していきたいと考えております。

※1.SHT方式(Spiral Holding Tubeの略称)は、約1000mのステンレス螺旋管で、65℃30分間連続保持殺菌する半熟煮的方法。低温殺菌法の中でも、人にやさしい優れた熱処理方法です。

安全・安心へのこだわり

ホリ乳業では、平成25年1月にHACCP認証※1(総合衛生管理製造過程による食品の製造又は加工の承認書)を取得しました。安全・安心を支える衛生管理に充実した設備を使い、また社員教育にも力を入れ品質管理を徹底させています。お客様が購入してくださるその製品一つが、お客様の信頼に足るものかを常に真摯に自問自答することを心がけております。
また、質の高い商品をそのままの品質でお届けするために、できるだけ配送は自分たちで行っています。配送は、一日数万個にもなりますが、販路はやみくもに広げるつもりはありません。私たちのこだわりを理解してくださるお客様に、心を込めて直接商品をお届けしたいのです。

※1.HACCPとは、原料の入荷から製造出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。